ピアノ買取 鑑定額 高額

付属品は揃えておく

付属品が揃っていると、査定金額が上がる場合があります(中古のレコードなどもそうですね。帯やブックレットなどが全て揃っている方が買取額が高くなります)。ピアノの場合だと、購入した際に付属されていたカバー類や椅子、クロスなどがそれにあたります。捨ててしまったりしている場合は仕方ありませんが、もし手元に残っているなら揃えた状態で査定してもらう方が良いでしょう。

キレイにしておく

ピアノの査定額に一番効いてくるのは主にメーカーと品番なのですが、業者によっては、ピアノ本体の状態を査定条件に含めてくる場合もあります。そうした場合に備える意味でも、やはりできるだけキレイな状態にしておくのは良いことです。クリーニング業者に依頼するのは必須ではありませんが、やる場合はクリーニング代にも注意したほうが良いでしょう。

ピアノのお手入れの基本は、表面や鍵盤を柔らかい布で拭き、汚れ・ホコリなどを落とすことです。ピアノ表面の仕上げは意外と繊細なものですから、固い雑巾や洗剤で力ずくやったりしないように気をつけましょう。しつこい汚れには専用のクリーナーを使用するのも良いでしょう。

キズがある場合

程度によります。普段の生活で生じる程度のキズなら、査定額にはあまり影響しないようです。

でも、水没によるサビつきとか、外板が割れているなどの大きな破損については、当然ながら査定額に響く可能性が高くなります。査定時に買取業者に相談する方が良いでしょう。

© 2016 ピアノ買取 rss